小型犬用と大型犬用のドッグフードの特徴

こちらにも書いてあるようにドッグフードには体のサイズに合わせて商品名に小型犬用や大型犬用と名前が付けられている場合があり、フードを選択する判断材料の一つとなっています。
サイズに合わせたドッグフードの特徴の違いには、粒のサイズ、成分値、パッケージサイズなどがあります。

1,粒のサイズ

小型犬用と大型犬用のドッグフードの大きな違いは「粒のサイズ」といえます。
メーカーにより差がありますが、小型犬用で5×3mm程度、大型犬用で10×10mm程度のサイズに調整されています。
こちらにも書いてあるように、小型犬は大型犬に比べ口が小さく大きなフードを噛んで食べる事が困難なため、小型犬用のフードは粒が小さく食べやすいように配慮されています。
また食べる時に噛まずに丸のみしてしまう子も、喉に詰まらせないよう小粒タイプがオススメされています。
小型犬でも噛んで食べる事が好きな子には少し大きめのサイズを与える事が出来ます。
食べ方を観察して好みのサイズを選んであげて下さい。

2,成分値

体の大きさにより必要エネルギーが異なりますが、体重1kgあたり必要なカロリーは体重が軽い方が大きくなる傾向にあります。
しかし体が小さいと沢山の量を食べる事が出来ないため、1粒あたりに含まれるカロリー量が多く必要になります。
小型犬用のフードの方が高カロリーに設定されています。
幼齢犬は必要カロリーが多く必要なため、小型犬・幼齢犬用と名前が付いている場合もあります。
また、食べる量が減ってしまう老齢期にもオススメです。
必要カロリーを計算している場合大型犬に小型犬用のフードを与えても肥満になる事はありませんが、フードの量が少なくなり物足りないと感じてしまう場合があります。

3,パッケージサイズ

フードは開封すると酸化してどんどん質が悪くなってしまうため、パッケージサイズは酸化する前に使いきれる量である必要があります。
小型犬は1日の摂取量が少ないため、パッケージサイズは少量タイプが多いのが特徴です。
逆に大型犬は1日に多くの量を食べるため、小分けにするコストを削減し大袋タイプが多いのが特徴です。
また、知っておきたい動物病院のドッグフードについても合わせてご覧ください。