ドッグフードに混ぜた薬を残す

犬に薬を飲ませるにはドッグフードに混ぜるのが一番簡単な方法ですが、匂いや味に敏感な犬は薬だけを残したりする場合があります。
薬の種類によっては飲む時間や量、回数など、正確に服用しないと効果の薄れるものもあり、残されてしまうと対処に困りますよね。

薬を与えるときにただ単にフードの上に乗せるのではなく、一工夫する事で愛犬が違和感なく食べる事が出来ます。
一番簡単な方法は食べ物で包む方法です。
おやつのチーズやペースト状のフードなどの中心に薬がくるように包み込んで与えます。
この場合口の中で分裂し薬だけ吐き出す場合があるため最後まで飲みこんでいるか確認する必要があります。
口の中に隠し持って飼い主の気がそれてから吐き出す子もいますので、口の中を除いて確認して下さい。

上記の方法が難しい場合は粉末にして混ぜ込む方法があります。
粉末の薬はフードに振りかけるだけでも除いて食べる事が困難になりますが、フードごと食べなくなる子もいます。
その場合には粉末をハチミツやヨーグルトなどに練りこんで、口の中に直接塗って与える方法があります。

それでも飲まない場合は粉末を水で溶いてシロップ状にする方法があります。
シロップの飲ませ方は、スポイトで口の横から少しずつ投与します。
動物病院でシリンジ(注射器の筒)がもらえる場合がありますので確認してみて下さい。
犬の顔を少し持ち上げてあげるとシロップが喉に向かいやすくなります。
苦くて飲み辛そうであればハチミツなどで味を付ける事が出来ます。

注意したいのが錠剤を粉末にしたり、カプセルを開けて中身の粉末にしたりなど、薬の形状を変える場合には獣医師に確認する必要があります。
薬の種類によっては形状が変わってしまうと効果がなくなってしまう可能性があります。

錠剤のままではフードに混ぜても残してしまう場合には直接口の中に投与します。
顔を少し上げた状態で口を開き喉の奥に薬を落とします。
口を閉じて喉をさすってあげ、ごっくんと喉が上下に動くのを確認します。
薬が飲めたらスポイトで口の横から水を同じように与えます。

薬を飲むのが嫌がらないように、薬が飲めたら大げさなほど誉めてあげ下さい。