ドッグフードのデジタル計量スプーン

ドッグフードの1回量を計算し最初は秤で量って与えていても、だんだん面倒になり目分量で与えてしまう事があります。
フードに専用カップが付いている事もありますが、フードの入り方具合によってグラム数が変動してしまいます。
そこでオススメなのが「デジタル計量スプーン」で、毎日秤を取りだす手間もなく最適な量を与える事が出来ます。

電源を入れてフードをすくうだけで何gのフードが乗っているか表示されるため、そのままフードボウルに入れるだけで適量を与える事が出来ます。
1回にすくえる量は30g程度のものが大半ですが、累計機能がある種類もあるため計算機なしでも対応できます。
0.1g単位で測定できるものなら、小型犬の微量の調整も可能です。

フードの量が目分量になった場合のデメリットに、肥満や栄養不足など体調の変化があげられます。
小型犬や幼齢犬ではたった1gの差で、体調に変化が出てしまうので正確に量る必要があります。
デジタル計量スプーンを活用する事で、簡単に適切な量を与える事が出来き、飼い主の負担が軽減します。

また便秘や下痢などでフードの量を調整したい時にも、簡単に量を増やしたり減らしたりする事が可能です。
普段から量を正確に与える事で、フードを残した時に「今日は入れすぎたのかな」という選択肢がなくなり、病気の早期発見に繋がる事があります。
食欲は健康のバロメーターですので、食欲不振を見逃さないためにも適切な量を与える必要があります。

デジタル計量スプーンはスマートなタイプが多く置く場所に困らないのが特徴ですが、大型犬など必要な量が多くなると何回もすくう必要があり、秤の方が簡単な場合もあります。
スプーンの部分が取り外しできるタイプでは、スプーン部分を洗う事が出来るため清潔に保つ事が可能です。
スプーン部分をもう一つ用意すれば、ご自身の料理に使うことも出来ます。

愛犬に適量を与えられて、飼い主に負担がない、最適な方法を選んであげて下さい。