涙やけ対策にはどんなドッグフードを選べばいい

小型犬に多く発生する「涙やけ」は、流涙症などが原因で目の周りが常に湿った状態になり細菌が繁殖する事で起ります。
そのため涙やけの対策として、あふれ出た涙をコットンでふき取るなど目の周りを清潔に保つ事が重要です。
また、鼻涙管という涙の通り道が塞がれないようにする事で、あふれ出てくる涙の量を減らす事が出来ます。
鼻涙管は消化し切れなかったタンパク質や添加物などにより詰まる事があります。
そのためフードの成分にこだわる事で、鼻涙管の詰まりを予防する事が出来ます。

1.タンパク質

食物は食べたものが全て体に吸収されるわけではなく、消化し切れなかったものは体に残ります。
吸収率が高い食品を使用したドッグフードを食べる事で、消化できない不要な成分がなくなります。
タンパク質は肉や魚、卵など動物性タンパク質と、小麦や米、トウモロコシなど植物性タンパク質とがあります。
犬の消化吸収率は卵が100%、鶏肉が94%、牛肉が83%の動物性タンパク質に比べ、小麦が60%、トウモロコシが54%と植物性タンパク質は低い傾向にあります。
これはもともと肉食動物として生活していたため、動物性タンパク質を消化しやすいためとされています。
鼻涙管の詰まりの原因になる未消化のタンパク質は植物性タンパク質の確立が高いため、動物性由来のタンパク質を摂取する必要があります。
出来れば消化吸収率が80%以上の原材料で作られたフードがオススメです。
パッケージに記載されている原材料は混入量が多い順に記載されていますので判断の材料にして下さい。

2.添加物

ドッグフードには酸化を防ぐためなどを理由に、エトキシキンやブチルヒドロキシアニソール(BHA)、ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)などの化学物質が添加物として配合されています。
これらは全て発がん性の危険性が指摘されている添加物ですが、長期保存や流通の観点から上限を定めての使用が認められています。
添加物を使用せずに長期保存できる方法として冷凍タイプが販売されており、素材本来の味を楽しめるため嗜好性にも優れた種類です。
こちらには身体によいドッグフードについて書かれてますので合わせてご覧ください

小型犬は体が小さいため、少しの量でも体に対する影響が現れてしまいます。
少しの量しか食べないからどれでもいいやではなく、少しの量しか食べられないからいいものをあげようと思う事が大切です。
愛犬の健康を守るのはそんな飼い主の思いやりといえます。
また、こちらにも涙やけ対策について書かれているので参考にご覧ください。